荷物の一時保管(建て替え等の場合)

荷物の一時保管(建て替え等の場合)

新築で新居を構えたときなど、荷物を一時的に預けなければならない場合があります。
新居の完成が月の初めになってしまうと、それまで荷物を運び入れることができません。
こうなると、月初めまで荷物を運ぶことができなくなってしまうので、その月の家賃まで支払わなければならなくなります。月の初めに家を出るのに、それでは支払う家賃が無駄になってしまいますよね。
このため、新居が完成する前に荷物を運び出し、お金を払って荷物を一時的に保管してもらうという選択をする人も多いのです。月の終わりに荷物を運び出してしまえば、次の月の家賃を払わなくてもいいですからね。
こんなとき、力になってくれるのが引っ越し業者。
引越業者では、オプションサービスとして荷物の一時保管を実施していますので、「一時的に荷物を運びたい」と考えている人にお勧めです。料金に関しては、月ごとに計算する場合と日割り計算ができる場合があるので、かかる料金をよく比較しておくといいですね。

 

さらに、不用品処分のサービスも

 

引越の際に必要になるのが「荷物の選別」です。
いるものといらないものに分けて荷物を保管することが必要なので、この機会に「いらないものはできるだけ処分しておかなくてはなりません。特に荷物を預ける場合、いらないものまで預けたくはないですよね。
そんな時は、オプションで「不用品処分のサービス」を利用しましょう。処分するだけでなく買取を行ってくれる場合もありますので、まだ使えそうなものであれば「買い取ってくれる業者にお願いする」という手もあります。
いろいろな業者を比較し、どの業者w利用するのが一番お得なのかを考えましょう。

関連ページ

ピアノ運搬・調律サービスについて
引越し業者にも様々なオプションが用意されています。ピアノ運搬・調律サービスについて
ペット輸送
引越し業者にも様々なオプションが用意されています。ペット輸送について
不要品の処分
引越し業者にも様々なオプションが用意されています。不要品の処分について

ホーム RSS購読 サイトマップ