2世帯家族がそれぞれ違う家へ引越す際の注意点

2世帯家族がそれぞれ違う家へ引越す際の注意点

元々一緒に暮らしていた2世帯家族が、それぞれ違う家に引越しをするという場合に注意すべき点には何が考えられるでしょう。

 

まず荷物の梱包をする際には、極力不要品は減らすという努力をすることが大切です。
元々は二世帯が住んでいた家ですから、それなりに多くの荷物があるはずです。
新居に引越しした際に、果たして本当に必要になるのかを考える必要があります。
例えばここ10年くらい使ったことがないものがあったり、誰も着ない洋服が眠っている場合には新居でも活用することがあるのかをしっかりと考えてみてください。
恐らくしばらく使っていなくても不自由しなかったということは、この先も使うはずがないものだと思っても大丈夫です。
「捨ててしまうのは簡単だけど、なんだか勿体ない気がする」という場合はリサイクルショップに買取してもらえるかどうか、持ち込んでみて見積もりをしてもらってください。
ただゴミとして捨ててしまうよりも、誰かが使ってくれる可能性があるのならリサイクルに回すという手段があることを覚えておきましょう。
このようにしてできるだけ運ぶ荷物を少なくするようにすることで、引越し費用を抑えることができますのでぜひお試しください。

 

もうひとつ荷物の梱包で注意してもらいたいのが、両世帯の荷物がどちらのものなのかわからなくなってしまうことです。
今までは共同で使用していたというものも、どちらかの世帯が持っていくということも想定されます。
引越し当日にはかなり慌ただしくなってしまい、混乱してしまう可能性が高いので、どちらの世帯に運ぶ荷物なのか明確にわかるように準備しておきましょう。
特に引越業者に依頼する場合には、誰が見てもはっきりわかるように大きく目立つ位置に明記しておくようにしてください。
大型家具などは余裕があれば荷物リストを作っておき、搬出する際にチェックしていくようにすると便利です。

 

引越し作業は何かと大変なものですが、二世帯分となれば更に労力が必要となります。
できるだけ早い段階から余裕を持って準備をしておくようにしましょう。

関連ページ

乳幼児を連れて引越すときの注意点
乳幼児のいるご家庭が引っ越しということもあるでしょう。月例によって注意する事もっ実はあるのです。乳幼児を連れて引っ越しをする際に注意しておきたい事を掲載しています。注意点を確認する事で引っ越しでの危険回避にもつながります。
女性が引越をするときの注意点
引っ越しは女性でも必要があれば行うものです。女性の引越しならではの注意点についてまとめています。女性が引っ越しを考えるなら、一度目を通しておいてほしい内容が満載です。引っ越し業者にある女性専用プランについても触れています。
海外へ引越すときの注意点
引っ越し先が国内であるとは限りませんね。海外へ引っ越すといった際には、国内とは少々事情が違うので、注意点をしっかり確認する事が必要となります。海外へ引っ越しする際の注意すべきポイントを紹介しています。
ペットと一緒に引っ越すには?
家族同様の存在というのがペットになります。引っ越しの時ももちろん連れて行く事になるのですが、どういった方法で運ばれるのか、どんな扱いになるのか、どのようなポイントに注意したらいいのかご存知ですか。ペットとの引っ越しの注意点についてまとめてみました。
植木鉢や庭木を引っ越し先に持っていくには?
インテリアとして観葉植物を楽しんだり、庭木を植えているご家庭もあることでしょう。このような植物を引っ越しさせる時に注意すべき点はあるのでしょうか。植木鉢の植物と庭木にポイントを分けて具体例を掲載しています。
ピアノを引越先に運ぶ場合の注意点
慎重に運ばなくてはいけない家具の一つとして、ピアノが挙げられます。引っ越し先にピアノを運ぶ際の注意点を確認しておきましょう。引っ越し前に注意すべきこと、引っ越し後に注意すべきこと、両方を紹介しています。
学生が引越すときの注意点
新入学などで学生が引っ越しをするケースも少なくありません。このような引っ越しの時の新居の選び方から、引っ越し業者の探し方、運ぶ荷物の吟味についてなど、注意点をピックアップ。実際に引っ越しをする前に事前にすべきことが多くあるのです。
車やバイクを引越先に運ぶ場合の注意点
車やバイクなどを引っ越しの時にどうするか、悩むこともあるでしょう。引っ越しの際の移動手段や引っ越し先での具体的な事務手続きなど、車とバイクの引っ越しに必要な知識を紹介。家具などのように運ぶだけでは終わらない引っ越しについてみてみましょう。
年末年始やお正月に引っ越すときの注意点
引っ越し業者が休みかもしれない可能性のある年末年始やお正月の引っ越しのケースについて掲載しています。どうしてもその時期に引っ越しといった時に注意すべき点を確認する事で間違いのない引っ越しというのが可能となるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ