単身での引っ越しの荷造りのポイント

単身での引っ越しの荷造りのポイント

単身での引っ越しをする時には様々なポイントがあります。
特に親元を離れて初めて一人暮らしをするなどのケースでは、引っ越しそのものが初めての人も多いでしょう。
そうした場合では、気になるのは荷造りをする時のポイントではないでしょうか?
ここでは、単身での引っ越しにおける荷造りのポイントを考えていきます。

 

荷造りを考えると先ずは段ボールやガムテープ、ビニール紐などのような梱包の資材を揃えていく必要があります。
引っ越しをする時の目安ですが、およそ1人あたりにつき段ボール20個分は必要だとされています。
段ボールですが、ホームセンターなどで購入することも出来ますが、1箱につき300円程度かかりますので、かなりの出費になってしまいますよね。
そこで段ボールが必要なら、引っ越し業者からサービスで貰えるものを利用するようにしておくと良いですね。
また、足りなければ近所のスーパーやコンビニなどで、引っ越しをするので段ボールを分けて欲しいと頼むと段ボールを貰うことができるので活用して下さい。

 

梱包資材を揃えたところで実践していくことになりますが、基本的に用途別に荷物を段ボールに詰めていくと良いですね。
また、段ボールには何を入れたのかがすぐに解るようにメモをしておくと非常に便利です。
他にも、どの部屋で使っているものかを書いておくと仕分けしやすいと言えますね。
例えばリビングで使う物ならリビング、寝室で使う物なら寝室と書いておくと荷物を運んで貰う時にも役立ちます。
ネジなどを外して梱包する必要がある物は、小さなビニール袋を用意しておくと便利ですね。
ビニール袋がない場合はガムテープにくっつけてしまうのも良いでしょう。

 

家電製品を梱包する時のポイントは基本的に緩衝材などを使って衝撃が加わらないようにすることです。
特にパソコンを運んで貰う時には、購入時の箱などに入れて収納しておくようにしたいですね。
購入時の箱がないのなら引っ越し業者の方に相談しておくと良いでしょう。
精密器機の為、きちんとした梱包が必要です。

関連ページ

単身赴任での引越し業者の選び方
会社から異動を命じられて単身赴任を選ぶケースも多いかと思います。今回は、単身赴任をする場合の引っ越し業者の選び方について説明します。持っていく荷物が多くない場合に安く引っ越す方法について確認しましょう。
引越し業者の見積もりの比較について(単身赴任)
単身赴任をする場合、引っ越しの費用はどれくらい掛かるのでしょうか。ここでは、引っ越しの費用を出来るだけ安くするために、引っ越しの方法別にかかる費用をまとめてみました。それぞれ費用はどれくらい掛かるのか比較してみましょう。
単身赴任で引っ越しする場合のチェックポイント
単身赴任で引っ越す場合、どのような点に注意したらよいのでしょう。ここでは、単身赴任をする場合の、引っ越し先の住居や各種手続き、ライフラインの手続きなど、引っ越し時にしなければいけないことについて、まとめました。
単身赴任時の引越しの手続きと流れ
単身赴任をする時には、どんな手続きをしなければならないのでしょう。今回は単身赴任の引っ越しに伴う手続きとその流れについてお教えします。世帯主のみが住民票を移す場合の注意点も掲載しましたので、参考にしてください。
単身での引っ越しの際の注意点
単身で引っ越しをする場合、どんな点に注意が必要なのでしょうか。ここでは、単身で引っ越す場合の費用や現地で購入したほうがよいもの、引っ越し準備をする時間がない場合に利用したほうがいい引越プランなどを掲載しています。
引越しの単身パックとは?
引っ越しの単身パックという言葉を耳にしたことのある方が多いのではないでしょうか。今回は、各引っ越し業者の単身パックとはどういうものなのか、詳しく説明します。通常の引っ越しプランとどちらを選んだらいいのか参考にしてください。
単身パックとはどれぐらいの荷物まで可能?
単身での引っ越しはあまり荷物が積めないようなイメージがありますよね。では実際にはどのぐらいの量までが可能なのでしょうか。引っ越し業者やそのプランなどによっても異なることとは思いますが、一度こちらをご参考にされてはいかがでしょう。
単身赴任での引っ越しで必要な手続き
引っ越しには当然手続きというものが必要となりますが、今回こちらでは単身赴任の場合での手続き方法をお知らせしたいと思います。独身であるか、既婚であるかでも手続きが変わりますので、こちらで確認してみて下さい。

ホーム RSS購読 サイトマップ