単身赴任での引っ越しで必要な手続き

単身赴任での引っ越しで必要な手続き

勤務先の会社から単身赴任を命じられてしまうことも少なくありませんよね。
単身で別の地域に赴任するといった時には、いくつかの手続きが必要になってきます。
手続きの内容としては、現在の居住地で行うもの、赴任先の居住地で行うものなどがあるので順を追って説明していきましょう。

 

現在の居住地で行う手続きですが、単身赴任のケースですと独身であるのか、既婚であるのかによっても異なってきます。
原則として単身赴任では居住地を引っ越しすることになりますので、住民票の変更届けをしないといけないのですが、家族がいて住宅ローンを支払っているようなケースですと、住民票を異動させるのが面倒なことになってしまいます。
何故かと言いますと、家族を持っている方の場合は世帯主となっていることも多いので、家族は残って自分だけが別の場所に移ることになる時には、世帯主変更届けも行わないといけないからです。
転出届けと同時に世帯主変更届けなどの手続きをするのが面倒だ、単身赴任の期間が短いから住民票を変更させる必要がないと言ったようなケースですと、あえて住民票をそのままにしておく人も多いようですね。
ただし、上でも書いたように原則としては、住民票を異動させないといけません。
住民票を異動させるには役所で転出届けを提出し、引っ越し後2週間以内に引っ越し先の役所へと転入届けを提出することになります。

 

他に手続きが必要になるものとしては、引っ越し先の住居のライフラインである電気、ガス、水道があります。
電気と水道に関しては、配電盤のブレーカーをあげる、水道の元栓を開栓することで使えるようになりますので、使えるようにした後に各電気会社、水道会社に連絡を契約の手続きを取るようにして下さい。
ガスに関しては、ガスの開栓は立会が必要になりますので、事前に連絡をしておく必要があります。
ガス会社からの担当者がガスの開栓を行ってくれる時に、立会をしないといけませんので、引っ越し後の都合の良い時間を連絡しておくと良いでしょう。
他には、クレジットカード、免許証、銀行口座なども住所変更をしておく必要があります。
郵便物の転送届けなども郵便局で行っておくと良いでしょう。

関連ページ

単身赴任での引越し業者の選び方
会社から異動を命じられて単身赴任を選ぶケースも多いかと思います。今回は、単身赴任をする場合の引っ越し業者の選び方について説明します。持っていく荷物が多くない場合に安く引っ越す方法について確認しましょう。
引越し業者の見積もりの比較について(単身赴任)
単身赴任をする場合、引っ越しの費用はどれくらい掛かるのでしょうか。ここでは、引っ越しの費用を出来るだけ安くするために、引っ越しの方法別にかかる費用をまとめてみました。それぞれ費用はどれくらい掛かるのか比較してみましょう。
単身赴任で引っ越しする場合のチェックポイント
単身赴任で引っ越す場合、どのような点に注意したらよいのでしょう。ここでは、単身赴任をする場合の、引っ越し先の住居や各種手続き、ライフラインの手続きなど、引っ越し時にしなければいけないことについて、まとめました。
単身赴任時の引越しの手続きと流れ
単身赴任をする時には、どんな手続きをしなければならないのでしょう。今回は単身赴任の引っ越しに伴う手続きとその流れについてお教えします。世帯主のみが住民票を移す場合の注意点も掲載しましたので、参考にしてください。
単身での引っ越しの際の注意点
単身で引っ越しをする場合、どんな点に注意が必要なのでしょうか。ここでは、単身で引っ越す場合の費用や現地で購入したほうがよいもの、引っ越し準備をする時間がない場合に利用したほうがいい引越プランなどを掲載しています。
引越しの単身パックとは?
引っ越しの単身パックという言葉を耳にしたことのある方が多いのではないでしょうか。今回は、各引っ越し業者の単身パックとはどういうものなのか、詳しく説明します。通常の引っ越しプランとどちらを選んだらいいのか参考にしてください。
単身パックとはどれぐらいの荷物まで可能?
単身での引っ越しはあまり荷物が積めないようなイメージがありますよね。では実際にはどのぐらいの量までが可能なのでしょうか。引っ越し業者やそのプランなどによっても異なることとは思いますが、一度こちらをご参考にされてはいかがでしょう。
単身での引っ越しの荷造りのポイント
引っ越しには荷造りという作業がつきものです。荷造りを上手にしておくと引っ越しもスムーズに行えるのではないでしょうか。ここでは荷造りのポイントをいくつかご紹介しています。単身の引っ越しを予定されている方はこちらでチェックしてみませんか。

ホーム RSS購読 サイトマップ