単身パックとはどれぐらいの荷物まで可能?

単身パックとはどれぐらいの荷物まで可能?

単身での引っ越しと言っても引っ越しには多くのお金がかかってしまいますので、なるべくなら引っ越し費用を節約したいと考える人が多いですよね。
そうした時にお得に引っ越しをすることが出来るのが単身パックです。
単身パックは通常の引っ越しプランよりも安価に済むことが多いのですが、その代わりに運べる荷物の量が少ないなどのデメリットもあります。
しかし、単身での引っ越しの場合ですと、家電や大型の荷物などは引っ越し後に現地で揃えるといったケースも多く、多くの場合はあまり多くの荷物を運ばないと言うニーズに合わせていると言えます。

 

ただ運べる荷物の量が少ないとは言っても、どの程度の量を運べるのかを具体的に知っておきたい人も多いでしょう。
単身プランと一口に言っても、引っ越し業者によって専用のカーゴやボックスの大きさも異なりますし、細かな規定も異なりますので一概には説明するのが難しいのです。
あくまでも目安と言うことで書きますと、最も小さなタイプのカーゴやボックスですと、中型の冷蔵庫、20インチの薄型テレビ、電子レンジ、掃除機、布団、段ボール5つ程度くらいでしょうか。
サイズが大きめのボックスやカーゴですと、この荷物量にさらに段ボールが幾つか詰め込めることになります。
引っ越し業者によっては、2トントラックに詰める荷物と同程度の荷物を運んでくれる単身プランもありますので、多めの荷物を運びたい方はこうした荷物容量の大きなプランを利用すると良いでしょう。

 

各引っ越し業者では、様々なプランが提供されていますので、単身パックでは荷物が運びきれないといった場合は、ワンルームに住んでいる方用の引っ越しプランなども検討してみると良いですね。
他にも、あえて荷物を少なくして足りない分は現地で購入するようにした方が結果的に安くつくこともあるので、柔軟に検討してみて下さい。
引っ越し費用を節約したいのなら、先ずは自分の荷物の量をしっかりと把握しておくことが重要です。
また、各引っ越し業者に見積もりを一括で依頼できるサービスを使って、価格とともにサービス面なども比較検討していきましょう。

関連ページ

単身赴任での引越し業者の選び方
会社から異動を命じられて単身赴任を選ぶケースも多いかと思います。今回は、単身赴任をする場合の引っ越し業者の選び方について説明します。持っていく荷物が多くない場合に安く引っ越す方法について確認しましょう。
引越し業者の見積もりの比較について(単身赴任)
単身赴任をする場合、引っ越しの費用はどれくらい掛かるのでしょうか。ここでは、引っ越しの費用を出来るだけ安くするために、引っ越しの方法別にかかる費用をまとめてみました。それぞれ費用はどれくらい掛かるのか比較してみましょう。
単身赴任で引っ越しする場合のチェックポイント
単身赴任で引っ越す場合、どのような点に注意したらよいのでしょう。ここでは、単身赴任をする場合の、引っ越し先の住居や各種手続き、ライフラインの手続きなど、引っ越し時にしなければいけないことについて、まとめました。
単身赴任時の引越しの手続きと流れ
単身赴任をする時には、どんな手続きをしなければならないのでしょう。今回は単身赴任の引っ越しに伴う手続きとその流れについてお教えします。世帯主のみが住民票を移す場合の注意点も掲載しましたので、参考にしてください。
単身での引っ越しの際の注意点
単身で引っ越しをする場合、どんな点に注意が必要なのでしょうか。ここでは、単身で引っ越す場合の費用や現地で購入したほうがよいもの、引っ越し準備をする時間がない場合に利用したほうがいい引越プランなどを掲載しています。
引越しの単身パックとは?
引っ越しの単身パックという言葉を耳にしたことのある方が多いのではないでしょうか。今回は、各引っ越し業者の単身パックとはどういうものなのか、詳しく説明します。通常の引っ越しプランとどちらを選んだらいいのか参考にしてください。
単身赴任での引っ越しで必要な手続き
引っ越しには当然手続きというものが必要となりますが、今回こちらでは単身赴任の場合での手続き方法をお知らせしたいと思います。独身であるか、既婚であるかでも手続きが変わりますので、こちらで確認してみて下さい。
単身での引っ越しの荷造りのポイント
引っ越しには荷造りという作業がつきものです。荷造りを上手にしておくと引っ越しもスムーズに行えるのではないでしょうか。ここでは荷造りのポイントをいくつかご紹介しています。単身の引っ越しを予定されている方はこちらでチェックしてみませんか。

ホーム RSS購読 サイトマップ