引越し業者の見積もりの比較について(単身赴任)

引越し業者の見積もりの比較について(単身赴任)

単身赴任を命じられてしまったと言うような場合では、何かと物入りになってしまいますので、出来るだけ引越費用は安価に済ませたいと言う方も多いでしょう。

 

引越をする方法ですが、大雑把に分けると4つの方法があります。
費用が安価な順に書いていきますと、先ずは自分で荷物を運んでしまう方法です。
単身赴任ですと荷物も少ないでしょうから、レンタカーなどを利用することによって、自分で荷物を運んでしまうと言う方法があります。
しかし、仕事が立て込んでいるような時や単身赴任先まで距離が離れているといったケースですと難しい方法だと言えます。
次に、赤帽を利用する方法があります。
赤帽と言えば、個人運送になりますので荷物の量によってはかなり安価に済ませることが可能ですが、引越専業ではないのでどうしても引越専業の業者と比較するとサービスに不安が残ってしまいます。
この次に安価なのが、いわゆる中堅の引越し業者です。
全国展開している大手ほどの知名度はありませんが、地域に密着した営業を行っている引越し業者のことで、価格は安価ですがサービスも充実していることから利用する人も多いです。
しかし、欠点としては全国に対応していないことですね。
現住所と近隣の都道府県への単身赴任なら利用できるでしょうが、東京都から北海道、沖縄から大阪などのような長距離には対応していないことがほとんどです。
最後に、大手の引越し業者です。
大手の引越し業者ですと、中堅引越し業者のような対応していない地域はなく、日本全国どこでも引越しに利用することが可能です。
サービスも充実していますが、基本的に価格は高めです。

 

このように引越し業者と一口に言っても一長一短がありますので、費用が安ければそれで良いのではなく、総合的に比較検討をして決めることをお勧めします。
しかし、引越し業者を比較検討するにしても自分で行っては大変ですので、一括見積もりサイトを利用すると良いですね。
一括見積もりサイトを利用することで、見積もりを比較することが可能ですので、サービスの充実とあわせて考えていくようにして下さい。

関連ページ

単身赴任での引越し業者の選び方
会社から異動を命じられて単身赴任を選ぶケースも多いかと思います。今回は、単身赴任をする場合の引っ越し業者の選び方について説明します。持っていく荷物が多くない場合に安く引っ越す方法について確認しましょう。
単身赴任で引っ越しする場合のチェックポイント
単身赴任で引っ越す場合、どのような点に注意したらよいのでしょう。ここでは、単身赴任をする場合の、引っ越し先の住居や各種手続き、ライフラインの手続きなど、引っ越し時にしなければいけないことについて、まとめました。
単身赴任時の引越しの手続きと流れ
単身赴任をする時には、どんな手続きをしなければならないのでしょう。今回は単身赴任の引っ越しに伴う手続きとその流れについてお教えします。世帯主のみが住民票を移す場合の注意点も掲載しましたので、参考にしてください。
単身での引っ越しの際の注意点
単身で引っ越しをする場合、どんな点に注意が必要なのでしょうか。ここでは、単身で引っ越す場合の費用や現地で購入したほうがよいもの、引っ越し準備をする時間がない場合に利用したほうがいい引越プランなどを掲載しています。
引越しの単身パックとは?
引っ越しの単身パックという言葉を耳にしたことのある方が多いのではないでしょうか。今回は、各引っ越し業者の単身パックとはどういうものなのか、詳しく説明します。通常の引っ越しプランとどちらを選んだらいいのか参考にしてください。
単身パックとはどれぐらいの荷物まで可能?
単身での引っ越しはあまり荷物が積めないようなイメージがありますよね。では実際にはどのぐらいの量までが可能なのでしょうか。引っ越し業者やそのプランなどによっても異なることとは思いますが、一度こちらをご参考にされてはいかがでしょう。
単身赴任での引っ越しで必要な手続き
引っ越しには当然手続きというものが必要となりますが、今回こちらでは単身赴任の場合での手続き方法をお知らせしたいと思います。独身であるか、既婚であるかでも手続きが変わりますので、こちらで確認してみて下さい。
単身での引っ越しの荷造りのポイント
引っ越しには荷造りという作業がつきものです。荷造りを上手にしておくと引っ越しもスムーズに行えるのではないでしょうか。ここでは荷造りのポイントをいくつかご紹介しています。単身の引っ越しを予定されている方はこちらでチェックしてみませんか。

ホーム RSS購読 サイトマップ